後日談をクリアした事で、新たに修羅次元に挑めるようになりました。
このタイミングで、レベルや能力値の上限も解放。
本作の特徴となっている、Lv9999を越えた育成が可能となります。
ただ修羅次元は敵も大幅に強くなるので、稼ぐための下準備を整えるのが少し大変ですね。
下準備さえ整ってしまえば、後は自動周回で簡単に育成できるのですが。

dis6_6993

修羅次元

後日談のシナリオをクリアした所、暗黒議会に「修羅の次元に挑みたい!」という議題が追加されました。
今作はこの議題を可決させる事で、修羅次元に挑めるようになります。

dis6_6318

また修羅次元が開放されると、超転生の能力解放に「レベル上限解放 修羅」が追加。
これを取得する事で、レベル上限が999万9999まで上昇します。
同じく「素質値上限解放 修羅」も追加され、通常の限界を越えた育成が可能になりました。

dis6_6341

修羅の次元解放後は、魔界選択に「修羅の次元」が追加。
ここから修羅次元のステージへ挑めます。
しかし出現する敵は、Lv300,000ととんでもない強さ。
Lv9999のゼットがHP1億、ATK188万程度なのに対し、敵はHP1兆、ATK1億と桁外れ。
後日談クリア直後では、歯が立ちませんね。

dis6_6332

それとは別に、本編でプレイしたステージでも、難易度選択が可能になります。
ステージを選んでL1、R1ボタンを押すと、ステージ難易度で「現世」、「修羅」を選択可能。

dis6_6333

難易度「修羅」でプレイすると、出現する敵が大幅に強化。
一番最初にプレイするステージである「始まりの荒れ地」ですが、難易度「現世」でプレイするとLv1の敵が出現。

しかし修羅でプレイすると、Lv500の敵が現れます。
ステージ2に現れる敵は、Lv17,500と大幅にレベルアップ。
敵が強くなっている分、獲得できる経験値やマナ、お金も増えているので、自分の強さに合わせてステージを選び、キャラクターを強くしていけると。

dis6_6334

修羅アイテム

難易度「修羅」だと、敵は修羅アイテムを身に着けています。
名前こそ通常のアイテムと同じですが、アイコンの色が変化。
性能も大きく強化されているので、入手できると大きな戦力アップに繋がります。

dis6_6347

例えば槍系最弱の武器である「見習いの槍
これは通常だと、ATK3,000、DEF2,000という性能。
しかし修羅版ではATK37万、DEF25万と、文字通り桁違いの性能。

dis6_6959

通常版の最強槍よりも高性能なので、修羅次元が開放されたら、まずは修羅アイテムの入手を狙うと良いですね。
ボーナスゲージで装備が設定されている場合は、カセゲール系のアイテムも積極的に利用していきたい所。

修羅版のアイテムですが、アイテム界も修羅次元となります。
手に入るアイテムも、修羅版となりますね。
最弱の装備でも敵のレベルが1万を越えていますが、ある程度戦力が整って来たら、アイテム界に潜りつつレベルを上げ、修羅アイテムの入手を狙っても良いかと。

dis6_6340

そんな感じで修羅次元が開放されたら、現世に留まる理由は無くなります。
通常アイテムと修羅アイテムは別扱いなので、アイテム図鑑のコンプリートを狙いたい場合に、現世でアイテムを集めるくらい。
強くなるには修羅次元で装備を集めつつ、レベルを上げるのが近道なので、修羅次元でレベル上げできる環境を整えた方が良いでしょう。

dis6_6962

エレメンタルバースト

修羅次元が開放されると敵の強さが跳ね上がり、まともに戦うのは厳しくなるのですが、魔法使いを育てておくと強敵も倒しやすくなりますね。
修羅次元解放後のレベル上げは、魔法使いが鍵となってきます。

dis6_6813

魔法使いですが、「エレメンタルバースト」という固有技を使用可能。
これは全てのSPを消費する代わりに、通常の技よりも威力が高いという特徴があります。
その特性により、技レベルを上げても消費SPが変わらないという所が、一番の強み。

dis6_6361

通常の固有技の場合、レベルを上げると消費SPも大きく増加。
当然ながらSPが足りなければ、使用する事はできません。
しかしエレメンタルバーストの場合、消費SPが自身の最大SPで固定。
他の固有技よりも威力が高い事に加え、レベルを上げれば威力だけが跳ね上がっていく為、非常に強力です。

そこで魔法使いをLv9999まで育て、マナを稼いでエレメンタルバーストを可能な限りレベルアップ。
出来ればMAXのLv9999まで上げておきたい所。
後は攻撃力アップ系の魔ビリティーをセットしておけば、格上の相手も一撃で倒せたりします。
この魔法使いを軸に、修羅次元で経験値を稼いでいくと楽ですね。

dis6_6960

ちなみにエレメンタルバーストを使うと全てのSPを消費してしまいますが、魔法使いが習得する魔ビリティー「魔力回収」があると、与ダメージに応じてSPを回復可能。
エレメンタルバーストの火力は凄まじいので、魔力回収があれば攻撃後にSPを完全回復させる事も不可能ではありません。
2体以上の敵と戦う場合は、魔力回収もセットしておきたい所。

魔法使いの育成

エレメンタルバーストは強力ではあるのですが、より高いダメージを与えるには、魔法使い自身の強さも必要となってきます。
これに関しては、ドリンクバーを活用すると楽ですね。

少々面倒ではあるのですが、ドリンクバーでドリンクを255回飲むと、悪行報酬で大量のカルマが手に入ります。
255回目の悪行で得られるカルマは膨大で、普通に入手すると溢れてしまいますけどね。

dis6_6354

まず魔法使いのレベルを9999まで上げた後、ドリンクバーでドリンクを255回飲みます。
あくまで飲んだ回数なので、1マナずつドリンクを飲んで行く形。
これが一番面倒な作業。

そして悪行を達成し、カルマを回収。
この時255回の悪行だけは、達成せずに放置しておきます。
入手したカルマでダメージアップ系の特性を全て取得し、余りでステータスをアップ。
その後は、再びLv9999まで育成します。

dis6_6998

Lv9999になったら、ドリンク255回の悪行を回収。
多少溢れてしまいますが、その分は諦める形。

そして再び超転生すれば、全てのステータスを255まで上げられるはず。
素質上限解放を取得していない場合の、最大値ですね。
この状態でLv9999まで育てれば、修羅次元の敵とも十分に渡り合えるようになります。

dis6_6957

破壊神稼ぎ

魔法使いを使った稼ぎに向いているのは、各シナリオの最終ステージ。
チート屋で「いつでも初回配置」をONにしていると、各ステージの最後には破壊神が現れます。
破壊神は通常の敵より獲得経験値やマナが多く、しかも1体しか配置されていません。
その為、高速周回向き。

dis6_6965

そこで自分が倒せる強さの破壊神を、自動周回で倒し続けるのが効率良いですね。
レベルが上がってきたら、先のステージの破壊神に切り替え。
それでも物足りなくなってきたら、チート屋で敵のレベルを上げていくと言う感じで、段階的に相手を強くしていく流れ。

dis6_6980

破壊神を相手にする場合、ゼットの習得する魔ビリティー「神殺し」を魔法使いに継承させておくと良いですね。
これは神への与ダメージ+50%と言う効果。
対象が限られるものの、僅か1コストで攻撃力+50%となるのは大きいです。
他にも攻撃力アップ系の魔ビリティーを詰め込んでおけば、破壊神を一撃で倒すのも難しくはありません。

dis6_6967

有用なのは、侍の固有魔ビリティーである「武士道」。
これは攻撃対象が単体の場合、与ダメージ+50%と言う効果。
侍の熟練度をMAXまで上げ、議会で固有魔ビリティー枠を拡張しておく必要はありますが、通常のコストとは別枠で効果も大きいのが利点。
クラス熟練度は、ドリンクバーで一気に上げると楽ですね。

dis6_6996

育成するメンバーは、グループ編成で選択しておきます。
魔法使いと育成したいメンバーを集めたグループを作り、オプションボタンを押して自動戦闘の出撃グループに設定。
そうしておけば、育成したいキャラクターが出撃し、自動的に経験値が割り振られます。
育成キャラを変えたい場合は、グループで入れ替え。

dis6_6999

魔法使いには、EXP増加屋900の入ったアイテムも装備。
メロディアの習得する汎用魔ビリティー「ワールドイズマイン」もコストが軽く、獲得経験値+30%となるので、セットしておきたい所ですね。

他のキャラクターには、水棲族の魔ビリティー「ハッピーソング」もセット。
マップ上の味方ユニットの取得経験値+30%と言う効果で、複数名にセットしておくと効果が重複します。

dis6_6968

DLCキャラ「プレネールさん」を所有している場合は、「ハングリー精神」も装備しておくと効果大。
こちらはマップ上の味方ユニットの取得経験値・マナ+25%と言う効果。
やはり効果は重複するので、育成メンバー全員に取得させておきたい所。

dis6_6971

1ステージに出撃させられるのは10人まで。
その為、一度に育成できる人数は、魔法使いを除いた9名。
ただ新人教育部隊や拠点防衛部隊を活用する事で、さらに11名のメンバーを育成する事が可能。
拠点防衛部隊の成長は遅いですが、自動周回で放置しておく際には配置しておくと便利です。

dis6_6984

また魔法使いは、対象に近付いてからエレメンタルバーストを使わせた方が良いですね。
育成するキャラクターは魔法使いの邪魔をしないよう、その場で防御させる方が良いかと。
育成メンバーが魔法使いの邪魔をして、1ターン目で攻撃できなくなる場面もよくあるので。

dis6_6981

dis6_7001

敵が強くなると命中率の問題も出てくるので、その場合はガンナーの投入を検討したい所。
ガンナーの後に攻撃登録を行うと、命中率が100%になるので。
メンバーの並び順をガンナー>魔法使いにすると、ガンナーの後に魔法使いが行動するようになる為、ガンナーの魔ビリティー効果を活かせるようになります。

dis6_6991

その場合も、ガンナーが魔法使いの邪魔をしないよう、魔心エディットで「対象に攻撃できる一番遠い位置へ移動」をセットしておくと、安定感が増します。
稼ぎの為の周回では複雑な行動を取る必要は無いので、シンプルな構成の方が良いかと。
魔ビリティー枠に余裕があるなら、アタッカーにガンナーの魔ビリティー「ホークアイ」をセットする手もあります。

dis6_6990


という感じで、現在は修羅次元で育成中。
第一陣として、ディスガイア6の固有メンバーがLv999万9999になった所です。
魔法使いが育ってくればチート屋でレベルMAXにした破壊神も倒せるようになるので、効率が上がりますね。

dis6_6992

本作では修羅を越えた羅刹もあるらしく、そこでLv9999万9999までの育成が可能になる模様。
主要キャラがLv999万9999になったので、羅刹次元も解放できるとは思うのですけどね。
まだLv9999のキャラも多いですし、もう少し全体のレベルが上がって来てから、羅刹次元に挑もうと考えています。